NE5534 RIAA Equalizer PreAMP

 最近,またディスク再生ははやりはじめたとか。
私も3台アナログプレーヤーを持っているので,いつでも再生できるようにしておきたいと思ってます。
ちょっと前まで,高級といわれるアンプでも
RIAAイコライザー回路は省略されていますので,
一つ作っておくと便利です。
ただ,このアンプはゲインが40dB程度で
MMカートリッジ対応になります。

今回ご紹介するのは,SNSでお世話になっている師匠のひとり=「あっちゃん」さんから基板を提供受けて,
7年目に制作したものです。

ユニバーサル基板でも作れるように,配線図をつけておきました。
 
 回路図と配線図  
   
  提供していただいた基板はこれ!!

あれ?SHIROKUMAさんの名前が・・・

シロクマさんからあっちゃんの手に渡ったもの??


電源は12Vとありますが,±15V〜±18VまでOK。
   
 制作過程  
   特に問題となるところはありません。
 ただ,

 

オペアンプのNE5534を見ると,ちょっと特殊な感じがしますね。

まず,電源が7と4pin。8pinじゃあないんですね。
ということは他のNJM5532DDとか4558DD、4580DDなどとは互換性がない。
ここはちょっと注意が必要です。
かなり時間が経つから,入手性はどうかな?
秋月にはないけれどRCにあった。何とかなりそう。
   
ケース加工   
 電源は手持ちのトランスを裸で使いました。
あとは整流平滑回路
 
  ケースは,いわゆる真空管アンプ用のシャーシ。

廃物利用で,

穴のところは1mmのアルミ板を張り付けて見えなくしてます。 
   
  途端すようの大きな四角穴とマルの部分が基板取り付けようの穴。 
   
   こんな感じに目隠し!!
   
 
ちょっと凝ったところ。
 
   
 
中の様子
電源回路から近いですが,ノイズは出ませんでした
 
居間で,ラックスの小さなアンプで鳴らしてみました。
スピーカーの能率はそんなに良くなですが,
十分な音圧です
   
 
このときはDENON DP-50
1978年の製品
 
   
 トップページへ 
   
inserted by FC2 system